お金を借りる場合の借りる方の行動の注意点

人は誰もがお金を貸してと言われて良い気分になるはずもなく、心の中では嫌だと思うけれど動機によっては貸さざるおえない状況もあるので、仕方ないから嫌々貸しているはずです。貸すほうも半分は返ってこないことを心のどこかで考えて、不安ながら自分を信用して貸してくれているので、借りるほうも最大でも1万円以上は要求をしないほうがいいし、返せるアテがない状態で、貸すほうが借りたい理由を聞いてきた時、借りる動機が明らかに不純だと感じる場合や明らかに緊急事態でないと感じる場合は、自分できちんと考えて正当なる理由の証明をして信用してもらうことが必要です。

お金の面では、いくら本人が「必ず返すから」と言っても、言葉だけで相手の信用を得ることはできないので、借りた金額が少額ならば次にあったら返すとか何日までに返すと、きちんと返済期限を告げて早めに返すことが大事で、金額がどうであれお金を借りたのですから、返す時にお礼として食べ物や飲み物など何かを添えて返済することがマナーであり、相手も何もないよりは多少なりとも気分がいいのではないでしょうか。特にカップルや夫婦の場合は関係が近いだけに返せばいいだろうという態度をとってしまう人も多いです。お金を借りた時の気遣いは十分注意しましょう。

金額が少額でなかったり、自分がいつ返せるかはっきり断言できない場合は、親であれ友人や恋人であれ誠意を見せて、自分から文書を書いてサインをして、それを相手に渡すぐらいの配慮が必要です。返済において約束を破るなどすれば、一度失った信用は取り戻すことが難しいので、お金を借りる際に曖昧なやり取りで相手を不安にさせないように、自らきちんと誠意を見せることは信用面において最も重要なことです。

参考:カップルや夫婦がお金の問題で揉めた場合はこのようなところに相談することもひとつの解決策ではないでしょうか。→もう悩まないで!男女問題相談窓口
参考:今回のような身近な人からお金を借りることを含めた、お金を借りること全般の情報が詳しく解説されています。→今すぐお金借りるなら要チェック
カテゴリー: 未分類 パーマリンク