審査で落とされてしまう意外な理由

キャッシングの契約時には、必ず審査があります。ここでは希望額に対して、年収額や職業、勤務先などの属性情報と、信用情報による他社や過去の利用状況を総合して判断が行われます。

キャッシングには総量規制という決まりがあり、年収の1/3を超える借入れは行えません。例えば年収が300万円の人の場合、100万円が上限になります。これは1社からだけの借入れ額ではなく、総量規制が適用されるキャッシング会社からの借入れの合計額です。

これに引っ掛かっている訳ではなく、他社からの借入れも全く無い状態で、過去に返済でトラブルを起こしたようなこともないのに、審査で落とされてしまうことがあります。

この理由として考えられるのは、まずは、現在の勤務先への勤続期間がまだ短い場合です。特に入社してから1年未満の場合は、年収額もあくまで見込み額となります。また、その職場でそのまま勤務を続けるかも分からないので、収入の安定性という面から審査では不利になることがあります。

そして、意外な理由として、賃貸物件に住んでいる場合の家賃の額が挙げられます。これは毎月必ず支払わなくてはならない支出として計上される為、収入から差し引いて考える必要があるからです。この家賃の額によっては、希望額が年収額に対して何の問題もない場合でも、審査で落とされてしまうことがあります。

また、現在の住居への居住年数も審査に影響することがあります。これが短い場合、何年も住んでいる人より不利になる場合があります。長く住んでいない人は、すぐに引っ越してしまう可能性があるからです。

キャッシングの審査には、このような意外な要素も絡んでいるのです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク